知っているようで意外と知らない!インナーマッスルってどんな筋肉?

ヨガマットを持つ女性

 

お腹などを引き締めるダイエットには、
インナーマッスルを鍛えることが大切だとよく耳にしますよね。
でも、その『インナーマッスルとは何か』ということを知っているという人はあまり多くありません。

 

そこで、ダイエットをするなら知っておきたいインナーマッスルについてご紹介いたします。

 

インナーマッスルはあくまで総称

 

インナーマッスルと調べてみても、そのような名前の筋肉はありませんよね。
それもそのはず。
インナーマッスルとは、深い部分にある筋肉の総称なのです。

 

筋肉は、体の中心や骨に近い部分から何層にも重なっています。
その中でも比較的奥深くにある筋肉のことを指しています。

 

姿勢の調整や関節の位置の調整などをおこなっているこの筋肉は、鍛えることによって太りにくい体を作ることができる筋肉になっています。

 

鍛えるためには特別なトレーニングが必要

 

筋トレと聞いて思い浮かべるもののほとんどは、表層近くにある筋肉である『アウターマッスル』を鍛えるものとなっています。

 

もちろん、アウターマッスルを鍛える筋トレでも脂肪を落としてダイエットをすることができるのですが、それだけではインナーマッスルを鍛えて痩せやすい体を作ることは難しくなっています。

 

インナーマッスルを鍛えたいという人は、インナーマッスルに直接働きかけるような特別なトレーニングをする必要があるんですよ。

これでOK!インナーマッスルを鍛える簡単トレーニング

 

ダイエットにぴったりだというインナーマッスル。
この部分を鍛えるためには、特別なトレーニングが必要なんです。

 

手軽にインナーマッスルを鍛えたいというあなたのために、すぐにできるインナーマッスルの鍛え方をご紹介いたします!

 

お腹周りのインナーマッスル強化法

 

ぽっこりお腹が気になるという人にぜひ鍛えてもらいたいのが、お腹周りのインナーマッスルです。

 

やり方は簡単です。
@ 手を上にのばした状態で仰向けに寝る
A 頭と手足を少し上げ、ゆるやかな『く』の字をキープする
B ぐらぐらしなくなったら、一気に力を入れて両肘と両ひざをタッチし、Aの体制に戻る
これを繰り返すだけでOKです。

 

Aのときに、息を止めないように深く呼吸をしながらおこなうと、より高い効果が期待できます。

 

無理をしない回数でおこなう

 

このトレーニングは、お腹に力を入れておこなうことで効果がでるトレーニングです。
ここで、お腹ではなく首や腰に力を入れてしまうと、その箇所を痛めてしまう危険性もあるトレーニングにもなっているんです。

 

筋力に自信がない人や、このトレーニングを始めたばかりだという人は、5回くらいを目標として無理のない範囲の回数でおこなうように注意しましょう。

 

 

ダイエットはどのくらい続ければいいの?基礎知識はコチラ>>

関連ページ

ダイエットと姿勢のゆがみの深い関係
姿勢のゆがみはダイエットの敵?お腹ダイエットを阻む姿勢のゆがみについて説明します。
呼吸が大事!ドローインでお腹ダイエット
呼吸ひとつでダイエット効果にも違いが出るんです。ここではお腹ダイエットに効果的な呼吸法と簡単に出来るドローインをご紹介します。
とっても簡単、骨盤ダイエット
お腹ダイエットにおすすめな骨盤枕。バスタオルで簡単に出来ることをご存知でしたか?ここではお腹に効く骨盤ダイエットをご紹介します。